<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
建築さんぽ2018♯4

第四回の担当の2回生 ヤマダです。

 

今回私が紹介するのは東京都の代官山にある「蔦屋書店」です。

 

大阪のルクアイーレや枚方市のt-SITEなど蔦屋は全国に数店舗ありますがそれぞれ同じ店舗とは思えないさまざまな魅力があります。

 

決まってコンセプトは同じなのですがお店が醸し出す雰囲気はそれぞれ独特のものがあります。

 

まずは蔦屋書店の壁面にある無数のブロックのようなもの... よく見ると

 

 

小さな「T」で構成されています。

 

とてもユーモア溢れる外観です。

 

 

そして遠くから見ると大きな「T」が...!

 

 

内観は撮影禁止なので掲載出来ませんが本屋とは思えない内装です。

間接照明でぼんやりした光によってアットホームな空間を作り出し、ただまっすぐ陳列する本棚ではなく曲線美を強調した芸術的な本棚は見ものです。

 

 

代官山には他にもさまざまなユーモア溢れる建築物がたくさんありました。

 

興味のある方は是非行かれてみてはいかがでしょうか?

 

以上2回生ヤマダでし( ´ ▽ ` )

 

建築さんぽ2018#3

 

第3回を担当する黒川です。

今年から広報班として頑張らせていただきます!

 

今回紹介させていただくのは小豆島にある「金両醤油」さんです。

 

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ離島で、醤油、オリーブやそうめんなどの産地として知られています!

中でも香川の醤油の生産量は全国5位でそのうちの約半数近くが小豆島産だそうです。

私が訪れた際にも島のあちこちに醤油の蔵があり、お醤油のいい匂いが漂ってきました(*´∀`)♪

またその蔵の多くは 「登録有形文化財」 に登録されているものが多くとても歴史があります。

 

 

前置きが長くなりましたが、何軒かのお醤油やさんを訪れた中で特に私のお気に入りだったのが「金両醤油」さんの直売店です!!

 

 

金両さんの蔵や母屋も築100年以上、平成15年に登録有形文化財に登録されたそうです。

外観から既に歴史が伝わってくる味のある建物ですね(^ ^)

 

 

 

中に入ると・・・

 

 

 

 

勾配天井まで続く吹き抜けの開放的な空間が広がっていました!

お店はこじんまりしているのですが吹き抜けによって実際よりも広く感じました。

 

 

 

 

梁がむき出しになっていたり、蔵で使われていたであろう階段、はしごがインテリアとして使われているのもまた素敵ですね。

 

 

 

 

もちろん建物だけでなく、作られているお醤油もとても美味しかったです!

優しいお店の方が色々と試食させてくださり、お土産と自分家にお醤油を買いました!特にだし醤油はお気に入りです(^_^)

 

ぜひ小豆島に来たら訪れてみてください!!

 

 

以上、黒川でした。

 

 

 

金両醤油

http://kinryo-shoyu.co.jp/company/

 

 

 

 

建築さんぽ#2

第2回は池田が担当します٩( ᐛ )و

今回紹介するのは愛知県にある明治村です!

明治村は明治建築を保存展示する野外博物館です。

めっちゃ広い!!!!

この明治村の敷地は日本のテーマパークで3番目に広いところです。中でバスが運行するほどです。名前の通り「村」です!

 

この写真の建築物はフランク・ロイド・ライトの代表的作品として知られている帝国ホテルです!

玄関部分だけですが、明治村最大の建物です。帝国ホテルは日米ともに保存してほしい建築物であった為、この明治村に玄関だけですが移設された建物です。

400

この写真の建物はフランス人建築家レスカスによるものとされる、西郷従道の邸宅の接客用の洋館です!

日本建築だけでなく西洋の建物も再現されています。

 

このように明治村には明治時代の有名な建築物が再現されており、建物だけでなく資料も保管されていて、当時の背景が実際に感じとれる場所となっています٩( ᐛ )و

1日中いれる場所なのでデートや観光に行ってみてください!!

 

以上、池田からでした〜

 

 

 

建築さんぽ2018#1

 

こんにちは、だんだん暖かくなってきましたね!

つい寝過ごしてしまいそうになります。

 

さて、今回ご紹介するのは

『せんだいメディアテーク』です。

 

↑夜のせんだいメディアテーク

 

↑昼のせんだいメディアテーク

 

時間帯によって、外観のイメージがとても変わりますね!

夜の外観がお気に入りです(^^♪

夜の方が、各階の床が浮いているみたいに見えます!

 

 

この写真は、外観からも見られる特徴的な柱を階段から見上げています。

とても開放感があって気持ちの良い空間でした!

 

高いところが苦手な私は下をのぞくことは出来ませんでしたが!(笑)

 

1階〜7階まであるのですが、どの階も平面計画が異なっていたことに驚きました!
 

 

図書館や、展覧会など様々な人々が利用していて、

透明のエレベーターの移動もとてもわくわくしました(/・ω・)/

 

仙台に行く際はぜひ行ってみてください!!

 

(元田)

 

建築新人戦2018 班紹介

 

こんにちは!今年度初めての投稿になります。

建築新人戦は2018年で10回になります!

9回の積み重ねがあっての10回目なので、今までの集大成としてスタッフ一同で盛り上げていきたいと思います!

建築新人戦2018もよろしくお願いいたします(*^^*)

 

 

ところで、、、

第1回スタッフ説明会を開催します!!

 

建築新人戦スタッフとは、関西圏の大学 3 回生以下で構成される学生スタッフです。建築新人戦は 、学生スタッフ・教員により運営され、多くの企業に協賛されています。学生スタッフの仕事は多岐に亘っており、詳しい内容は説明会で説明します。

 

 

スタッフ説明会に先立ちまして、班紹介をしたいと思います!

全部で7つの班があります。

 

広報班

主に、Twitter、Instagram、ブログの更新をしています。

他にも、全国各地へ広報物を発送します。

より多くの人に新人戦を知ってもらうために、情報発信をしています!

建築さんぽをするのが広報班の恒例行事です^ ^

 

会場班

会場班は主に会場の設営、100選に選ばれた作品の管理を行っています。

真っ先に作品も見れちゃいます!

また一番人数の多い班ということもあっていろんな 大学の人ともたくさん交流できます。

作品をじっくり見たい人、大人数で楽しくやりたい人はぜひ!

 

舞台班

舞台班は本番に舞台袖や舞台での仕事がメインです!班員も多いのでみんなでワイワイ楽しく,本番はきっちりと作業するメリハリが大事です!

迷っているなら班員も仲良く楽しく過ごせる舞台班で一年過ごして

新人戦とはどういうものか見てみるのもいいと思います!

 

書籍班

主な仕事は新人戦オフィシャルブックの学生特別企画の作成です。

去年は「学外プロジェクト」をテーマに、各班員が自分の大学のプロジェクトについて取材を行いました。

今年の活動期間は未定ですが、去年は 10-12 月の間、毎月 1、2 回程度集まって企画の案を練り、1 月に取材を行いました。

書籍班の魅力は、座談会に立ち会ったり取材を行ったりすることで先生方の生の声を聞けるチャンスがあるということ、それから少人数なので班員とかなり仲良くなれるということだと思います(^^)

 

審査班

審査班はすべての応募作品を管理し他の大学がどのような課題に取り組んでいるか知ることができて、審査員の先生方がどのように審査しているかを間近で見ることが出来ます!

とても意義のある楽しい班なので、ぜひ来てください!

 

映像班

公開審査で使われるパワポの作成、審査の様子の撮影と生放送を行います。「なんだか難しそう...」と思われがちですが、やってみると案外簡単です。

カメラに興味がある人、本格的な機材に触れてみたい人、他の班とは違った角度から新人戦を楽しんでみたい人におすすめ!

 

制作班

制作班は、新人戦に関わるたくさんの制作物を制作します。そのため、とても忙しいですが、すごくやりがいのある班です!

制作物を作っていく上で、イラレ、フォトショの技術がアップしていくと同時に、少人数なので班員と深く関わることができます!

 

 

 

新 2・3 回生なら参加可能 なので、ぜひスタッフ説明会にお越しください!

 

建築新人戦2018第1回スタッフ説明会

日時:2018年2月12日(月・祝) 14:00-15:30

会場:大阪富国生命ビル 5階

※13:30より1階にてTシャツを着たスタッフがお待ちしております。

お問い合わせ:shinjinsen2018.info@gmail.com

 

(元田)

建築新人戦2017〜閉幕〜

こんにちは、10月に入り大分気温が下がり始めてきましたね。

体調には気をつけてくださいね!

 

遅くなってしまいましたが、

9月21日〜23日に開催されました、建築新人戦2017のご報告をさせていただきます!

 

 

今年から、会場がステラホールのみとなり、昨年までとはまた違う建築新人戦となりました。

昨年度も来てくださった方は驚いたのではないでしょうか?

 

公開審査会の様子はyoutubeで公開しておりますので、見逃した方はぜひご覧くださいね!

 

 

皆様にご協力いただいたアンケートも集計をしたところ、

正直びっくりするほどの意見・感想を書いてくださっていて、本当に感謝です!!!

高校生から一般の方まで幅広く、北は北海道から南は鹿児島まで、本当に全国各地からご来場いただきました。

 

「建築」という共通点だけでたった三日間の建築新人戦に全国から人が集まって、たくさんの繋がりができている。

そうそうない機会ですよね。。

ここでの出会い、感じたもの、大切にしてください!

一生のものになると思います。

 

 

学生スタッフ156名、実行委員の先生方、協賛企業の方々には感謝しかありません。

これだけの方に支えられ、建築新人戦は開催できています。

学生のうちにこんな感動を味わえたこと、誇りに思っています。

 

 

私は建築新人戦に3年間広報班スタッフとして関わってきました。

毎年違う雰囲気で、メンバーも変わり、たくさんの人と出会いました。

 

正直、SNSもしていない、語彙力もコミュニケーション能力もなかった私が広報班?

どうしよう。と思い続けて気が付けば副班長、最後には班長まで登りつめていて、不安しかありませんでした笑

でも班員のみんなはしっかりついてきてくれ、幹部のみんなも優しくて、スタッフのみんなもたくさん話してくれて、、

色々あったけど感謝しかありません。

こればっかり言ってますが、本当に感謝です。

 

 

心から、幹部として建築新人戦に参加できて良かったと思っています。

 

 

さて、来年度は10年目です!

新たなスタッフメンバーで今年とはまた違った建築新人戦が開催されることを心より祈っております。

 

スタッフになってみたいという方!

春ごろに行われますスタッフ説明会にぜひご参加くださいね!!!

間違いなく良い経験になります!

 

 

伝えたいことはたくさんありますが、書ききれないので、、笑

 

これにて建築新人戦2017は閉幕とさせていただきます。

本当にありがとうございました!

 

 

建築新人戦2017 

広報班班長 

小津

読書#13

みなさんこんにちは!

今回は森が担当させて頂きます!


今日から建築新人戦2017始まりました、23日まで開催しておりますので皆様是非お越しください!!


さて、今回わたしが紹介する本はこちらです

『FLAT HOUSE LIFE』です

表紙にある通り、古い家好きにはたまらない一冊です。

写真も多く掲載されており読んでいて楽しくなるような本です(^^)

みなさんも是非一度読んでみてください!


以上森でしたありがとうございます!



読書#12

こんにちは!中井です


いよいよ明日9/21から建築新人戦2017が始まりますね、どきどきしaます(゚∀゚*)


9/23まで開催されていますのでぜひお越しください!


さて、私が今回紹介する本は…



「間取りの方程式」  飯塚豊

です!


この本は、機能的な間取りの、取り方のポイントを絵や写真を織り交ぜながら説明しています

とにかく、わかりやすい!


オススメです!


以上、中井でした!

建築さんぽ in NARA
どうも、夏休みはバイト戦士やってます、広報班橋本です!今回は、そんな橋本のバイト奮闘記をお届け…
じゃなくてやっぱり建築さんぽですね。
今回は広報班で奈良に行って来ましたのでそれについて書かせていただきます。


まずならまちを探検しました。
どの施設も無料の施設が多いのですが、1番のおすすめは格子の家!

ならまちの昔の町家が無料で解放されてます。
非常に解放的な空間で平日だったので他のお客さんも少なくのんびり長居しちゃいました笑

そしてお腹が空いたのでお昼ご飯



すごい豪華な鶏竜田定食がなんと880円!!東向商店街のマクドの近くにある大和の宴です!奈良観光の際は是非!

そして一行は奈良公園の方へ


鹿がいっぱいいます。

鹿せんべいを買うと追いかけられます。そして歩くこと30分、春日大社にお参り!

ということで毎年恒例!(予定)
広報班の絵馬で新人戦の成功を祈ります。

今年も成功しますように

ということでこのあとお水取りで有名な東大寺二月堂に行って広報班旅行もおしまい。


ということで建築よりも鹿と戯れた広報班旅行でした!また来週お会いしましょう、バイバイ!!

橋本
建築散歩#21

やって参りました!今回の建築散歩を担当するのはミカン大好き池田です☆

更新遅れてしまいました、、すみません泣き

 

今年の夏は学校の研修でに行ってきました!ボンジョルノ!

様々な建築を見てきたので紹介したいと思います!

 

 

この景色はマルコ寺院の隣にある鐘楼(時計台)から見た街並みです。

建築材料を統一して建設された建物は綺麗な街並みを生み出し、見事に海と調和されています。

日本では見れない景色ですね!

 

 

これはミラノ大聖堂と言われる建物で、世界最大級のゴシック建築です。

外観には135本も尖塔が立っており、その先には一つ一つに聖人が立っています。

外観も内観も彫刻が施されていて、日本では見れない細かいデザインとスケールが私の想像以上のもので感動しました!

 

今回はここまでにしときます!

紹介したい建築物は山ほどあるのでまた次回とします!

 

以上、飛行機では怖すぎて揺れるたびに隣に生存確認をしていた池田からでした!