<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 自分が落ち着ける場所#3 | main | 自分が落ち着ける場所#4 >>
平成の名建築part1

皆さんこんにちは!

平成最後の日を皆さんはどうお過ごしでしょうか??

新人戦ブログも何か平成が終わる前に何かしたいということで単発企画です(^^)

 

「私が思う平成名建築!」

 

今回は新人戦2019の幹部メンバーにそれぞれ紹介していただきます!!

人ぞれぞれの個性が溢れていて素敵な建築を紹介してくれていますので最後までご覧ください(^O^)

 

 

まずは、、総務代表 りっきー!

 

 

 

 

一回生の春に訪れた西沢立衛氏設計の十和田市現代美術館。

天気の良い空を切り取る真っ白い大小四角のハコ。

個性豊かな現代アートたちにとってのオーダーメイドの個室。

 

十和田市現代美術館を後に隈研吾氏設計のトワーレ、安藤忠雄氏設計の十和田市教育プラザへ。

 

巡り終わった頃にはすっかり日が暮れていました。

八戸へ帰る前にと、もう一度十和田市現代美術館の前を通る。

薄暗い十和田市を優しく照らす大きな街灯り。

 

いい建築を堪能して余韻に浸りながらバス停へ。

最終バスが出発する時間。八戸行きのバスを見送る。

初めての土地で何もかもが新鮮に、ん?、、八戸行き?、、

待つ場所間違えた。これが絶望であり旅である。

 

 

その後どうなったか気になる方は新人戦本番の会場で

僕を見つけて聞いてください。是非お待ちしております。

 

十和田市現代美術館

所在地 〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9

HP http://towadaartcenter.com

十和田市教育プラザ

所在地 〒034-0081 青森県十和田市西十三番町2-18

HP http://www.towada-lib.jp/facilities.html

 

 

 

二人目は、、舞台班班長りょうたろうくん!

 

 

 

 

 

1回生の後期の終わり頃、学校終わって何となくそのまま家に帰るのも面白くないなぁと思い、行ったのが竹中工務店設計の枚方T-SITE!

 

ここは何と言っても夜がいい!映えてる!建築だと思います。

 

友達からはツタヤのでっかい版やでって聞いてたんですけど、、

 

なんかスーパーマーケットとかカフェとかも併設してて、もう、ツタヤの原型とどめてないやんって感じでした。

 

中にはおしゃれなスペースもあり、ちょいちょい一言書いてあったりととても面白かったです。

 

綺麗に撮りたいのに、スマホって夜景に弱いですよね〜。

 

早く買いたいなぁーといつも痛感している今日この頃です。。。

 

枚方T-SITE

所在地 〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-2

HP https://store.tsite.jp/hirakata/

 

 

 

3人目は、、映像班班長めぐみちゃん!

 

 

 

平成元年に開設した丹下健三設計の横浜美術館

公式のホームページで見たグランドギャラリーのデザインが好みで行ってみたいというふうに思っていました

しかし、もともとこの日は別の用事で横浜に来ており、横浜美術館には行かないつもりだったのを、急遽時間が出来たので訪れてみると、

なんと、、、定休日

一番楽しみにしていたグランドギャラリーは見れずじまいでした

左右対称な外観、長い柱廊、奥に見える半円柱の建物と外から見えるものだけでも美しかったのですが、建物の前に広がる芝生や、そこで遊ぶ幼稚園児、満開のシモクレンなどの花も建物の雰囲気とあって素敵な空間でした

 

平成のうちにもう一度訪れたかったという意味でも私の中では名建築です

皆さんも下調べを忘れずに

 

横浜美術館

所在地 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号 

HP https://yokohama.art.museum

 

 

 

そして4人目は、、制作班班長なえちゃん!

 

 

 

 

  千葉県にあるホキ美術館を紹介します。30メートルものキャンチレバーはインパクトがあり、雑誌などで見たことがあると思います。

  東京からJR外房線に乗り、途中、舞浜駅を通過。ディズニーランドに後ろ髪を引かれますが、土気(とけ)駅まで乗ります。

駅から新興住宅地を15分ほど歩くとホキ美術館に到着です。

 

  アプローチから例のキャンチレバーは見えません。キャンチが見たいねん!という方は建物の裏側へまわりましょう。

ちなみに、展示室の撮影は禁止なので、筆者はここで写真を撮影しまくりました!

  さて、宙に浮いたギャラリーの構造はというと、鋼板構造によって片持ち構造を実現しているそう。キャンチの先端には制振ダンパーが入っており、確かにジャンプしてみても揺れません。(怒られないように!)

  構造だけでなく、照明や、絵画の吊るし方にも工夫があり、見所がたくさんありました。

東京へ旅行した際に、一足伸ばして訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ホキ美術館

所在地 〒267-0067 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15

HP https://www.hoki-museum.jp

 

 

今回は4人に紹介していただきました(^^)

まだまだスタッフはいるのでどんどん紹介していけたらなと思います!!

個性溢れるスタッフと一緒に活動したいなと思った方は5月19日(日)に第2回スタッフ説明会があるので是非参加してみてください(^^)

お待ちしています!

(黒川)

 

 

COMMENT