<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 建築さんぽ#8 | main | 建築さんぽ#9 >>
読書#3

こんにちは!今回の担当は小津です。

 

今年から始まった、新企画「読書」はどうでしょうか?

本を読めー、て言われると読むの嫌になりますよね笑

でも、なんとなく読んでみた本から意外な事を知れたり

面白くてついつい時間を忘れてしまう、、なんて事もあるかもしれません!

もしブログを読んで興味が湧いた本があれば、ぜひ一度読んでみてください(*^^*)

 

 

さて、今回ご紹介する本は、

『光の建築を読み解く』(日本建築学会 編)   です!

 

光について学校でレポートを書かなきゃいけなかった時に本屋さんで偶然見つけた本なのですが、、

 

すごっっっ!って思うものばかりで、レポートの存在を忘れて読んでしまうくらい光の使い方に驚くものです笑

 

授業とかで習う光の演出方法としては

間接光での柔らかい光、など光の強弱による演出がほとんどですが、

この本ではそれを更に活かした応用編みたいな演出方法で

どの事例をみても一度そこに行ってみたいな!

となるものばかりです!

 

例えば、

このエレベーター、青く見えますよね?

でも本当はステンレスの灰色なんです!!!

右側に見える横スリッドの窓から射し込んだ昼光に青色成分が多く含まれていることため

エレベーターが青く見えているそうです。

また、壁にオレンジ色という対照的な色を入れることで、お互いがお互いの色を

強調するようになっています。

光の色を考える、とこんなこともできるのです!

 

 

 

 

この本では字はそこまで多くないので

どうしても本が苦手で、、という方にはおすすめです!

写真もカラーなので、

ぜひ見かけたら手にとってパラパラめくってみてください!

 

以上、光の本の紹介でした!

 

 

 

 

 

COMMENT