<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今年の新人戦はここが違う!!パンフレットの秘密編



こんにちはーー!

今回は、パンフレットについて。

皆さん、新人戦に来れば

毎年パンフレットを

もらいますよねーー!

実は、これ。

毎年幹部が夏休みに

作っています。笑

過去のパンフレットをみていくと

こんな感じに〜♪







その年によって、サイズやコンテンツ、紙質なども

違うんですが、毎年試行錯誤した感じが

現れています!

今年は一体どんなデザインになるんでしょうか〜?

是非、ご注目下さい♪(^^)/

応募締め切りまで、あと、日!!


今年の新人戦はここが違う!!ロゴ編
 
こんにちはーー!!

今回はロゴについてお話します(^o^)

皆さん、今年の新人戦のテーマを知っていますか?


そうです、「ひろがる、世界」です!

ちなみに、昨年は、

「とびこめ、新たなフィールドへ」でした。

こういったキャッチコピーが

毎年決められているんですが、

実は、デザインに深くかかわっているんです。

今年の新人戦のフライヤーは見て

頂けましたでしょうか?

制作班を中心に、作っていたこのロゴデザイン。

しゃくやくをモチーフに作られていて

この青色は宇宙をイメージしています。

幹部の間では、宇宙花と呼ばれていて、

まだ見ぬ自分の価値観の花を育てる

為の出発点であってほしい!

というような願いが込められました。


新人戦をきっかけにして、

たくさんの人の夢舞台になってほしい、、、


今年の新人戦も、記憶に残るものに

なればいいな、、、

応募締め切りまで、あと、日!!

たくさんのご応募お待ちしています!♪
今年の新人戦はここが違う!!第二回アジア建築新人戦編
 

こんにちは〜!!\(^o^)/

応募登録締め切りまで、

ついに1週間をきりましたーー!!!

そこで、

今年の新人戦の特徴について、

13日の応募締め切りまで

数回にわたって紹介していけたらと思います(^^)♪

まずは、そうです!

10月6日に行われる第二回アジア建築新人戦についてーー!

去年は、第1回アジア建築新人戦が韓国で

行われましたが、今年は

10月6日に、 UMEDA ASJ CELLにて

第2回アジア建築新人戦が行われる

ことが決定しています!

詳細は新人戦HPにも掲載していますが、

こんな感じです♪


第2 回アジア建築新人戦
日時/ 展示 2013年10 月5 日( 土)  
   公開審査10 月6 日( 日)
場所/ UMEDA ASJ CELL
■実行委員長 李暎一
■主催/ アジア建築新人戦
■審査委員
      
 
■協賛/ ASJ、総合資格
日本 遠藤秀平(神戸大学)、團紀彦(神戸大学)、
   松本明(近畿大学)
韓国 金光絃(ソウル大学)、
   鄭振国(漢陽大学)、李允姫(梨花女子大学)
中国 仲徳昆( 東南大学)、張頎( 天津大学)、
   孫一民( 華南理工大学)
ベトナム LE THANH SON(ホーチミン市建築大学)
     HO DINH CHIEU( ホーチミン市建築大学)
■参加国/ 日本、韓国、中国、ベトナム、
     インド、インドネシア、ミャンマー、
     カンボジア、タイ、マレーシア
■参加大学/ (ベトナム)ホーチミン市建築大学、
           ハノイ建築大学 
      (インド) ムンバイ大学
      (インドネシア)インドネシア大学、
             ジャカルタ 
      (マレーシア)マラヤ大学、クアラルンプール 
      (タイ)チュラーロンコーン大学、バンコク
      (ミャンマー)ヤンゴン工科大学、ヤンゴン 
      (カンボジア) 王立芸術大学、プノンペン                          
     (中国)(韓国)(日本)

そして、中国にも日本の建築新人戦と同じような大会

があることをご存知でしょうか?

これがそのURL(http://zhan.renren.com/xrzudg

になるのですが、

下までスクロールすると、

作品などが載せてあります。

日本との違いなどを見つけていくと

楽しいかもしれませんね♪

私はロゴのデザインなどが、

日本とは一味違った感じで

とても気に入っています!

今年の新人戦テーマである、

「ひろがる、世界」

建築を通して、日本にとどまらず

世界とふれあうことができれば、

皆さんにとって、なにかのきっかけに

なるかもしれませんね♪

是非、アジア建築新人戦もご来場ください♪

(中山)