<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
建築さんぽ#12

 

こんにちは!

今回は、リノベーションした建築の紹介です!

 

 

旧丹治煉瓦製造所事務所をリノベーションして、

 

先月オープンしたばかりの創作イタリアン丹治に行ってきました!(^^)!

 

 

ここ堺では、昔から煉瓦の製造が盛んだったようで、この建物も旧丹治煉瓦製造所事務所として、

1900年頃に建てられたようです。

 

 

近くの昆布屋さんも煉瓦造りの建築でした!

とても美しい煉瓦の赤い色がこんなにも間近で見られます(^^♪

 

 

 

現存する明治の煉瓦建築はとても少なく、地域の方々の、

 

「この建物は素敵だから絶対に残したい!」

 

という思いが強かったそうです。

 

 

丹治煉瓦製造所事務所のあと、空家であったこの建物をリノベーションして、イタリアンレストランになりました!

 

 

大きな建築ではないのですが、

煉瓦でどっしりとしたファサードで、

 

圧倒的な存在感でした!!

 

ステンドグラスもとても素敵でした!

 

 

私が訪れた時はまさかの臨時休業日で中に入られなかったのですが、内装も、とてもこだわっていると聞いているので再チャレンジしたいと思います!笑

 

内観です!

 

写真は引用させていただきました。

http://www.jalan.net/gourmet/grm_foomoojH000387120/photo/?screenId=OUW2201(2017/07/13最終アクセス)

 

 

大阪府堺市堺区永代町1丁1-13

定休日:水曜日

ランチは1200円〜

 

是非、素敵な煉瓦とステンドグラスを楽しみながら、ランチに行ってみてはいかがですか?

 

以上、建築さんぽでした!(元田)

 

建築さんぽ♯11

こんにちは。 広報部1回生の山田です。



私が今回行ってきたのは大阪府立中之島図書館です。





1904年に開館した長い歴史を持つ図書館です。


100年以上現役で使われている図書館ってなんだか趣深いですよね...!


外観は見事なルネサンス様式を基本とされており 中央のドームの下にホール、正面はコリント式列柱にぺディメントを配したポルティコを置いており格調高い古典様式です。



この場所には小学校の写生会以来、10年ぶりぐらいに訪れました。


小さい頃とは違う見方で建物を見れるのがとても面白いです。


関西圏の方は行ったことがあることが多いと思いますが何度違う楽しさを味わえる不思議な図書館なのでぜひ行ってみてください(^ ^)


ーーーーーアクセスーーーーー

地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅・京阪本線「淀屋橋」駅 (1号出口)北東へ約300メートル

京阪中之島線「大江橋」駅(6番出口) 東へ約300メートル

京阪中之島線「なにわ橋」駅(1番出口) 西へ約300メートル









建築さんぽ#10

こんにちは!広報班1年の中島です!!

前回に引き続き自転車での京都巡りの旅をお伝えします自転車

(前回の記事を読まれてない方は是非読んでみてください!)

 

二寧坂(二年坂)のスターバックスのあと鴨川沿いを上がっていき、岡崎方面に向かいました。

岡崎は京都の中でも美術方面が集まっている地域で、京都国立近代美術館、ロームシアター京都、京都府立美術館、みやこめっせなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡崎の入り口には大きな鳥居があります!

これは平安神宮の鳥居です。

 

そのまま進んでいくとロームシアター京都が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロームシアターの蔦屋側から見た写真です。

ここは本屋とスターバックスが一緒になっていて、とっても落ち着く空間でした!!

中に入ってみると、アプローチの壁にレンガでつくられていました。

このレンガは、前川國男さんというかたが手掛けたものだそうです。

何種類もの光の使い方がありおもしろかったです!!

 

 

2階へ上がるチケットカウンターがありました。

近くへ寄ってみると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターの穴が、花のようになっていました花

細かい気の回し方がすてききき

 

 

 

 

 

帰りに南禅寺の水路閣によりました!

 

水路閣は独特の雰囲気があり、ちょっと怖さもあります汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏でも涼しいのでゆっくりできました。

 

 

 

前回はthe和!で今回は近代建築をお送りしました!!

京都は自転車で巡りやすいところなので、自転車を借りて建築さんぽしてみては??

 

以上!建築さんぽ京都の旅でした!!

建築さんぽ#9

京都建築めぐりの旅!!

こんにちは!!

今回の担当は広報班1年の中井です!

同じく広報班1年の中島と京都を自転車で巡りました✨



今回は二寧坂(二年坂)の…


新しくオープンしたスターバックスを紹介します!

築100年を超える伝統的な日本家屋を使用しており、とても価値があるそうです


入口には、



小さな庭が設けられていました。風情がありますね


そして中は、



和を意識した空間でした、浴衣がとても合います



天井の剥き出しの梁も、時代を感じさせてくれます



"和"に統一された空間で、とても素敵でした✨


皆さんも是非行ってみてください、オススメですよ!

ただ、混雑時は並ぶのは禁止で持ち帰りのみとなるので、気をつけてくださいね


では、以上建築さんぽでした!

建築さんぽ#8

こんにちは!

今回は森が担当させていただきます


さて、今回紹介するのは兵庫県姫路市にあります姫路文学館です!


姫路駅からバスで5.6分。そこから5分住宅地の中を進んで行くと…

見えてきました!!姫路文学館です


姫路文学館とは姫路を中心とした播磨ゆかりの作家や学者たちを顕彰し、資料の収集および調査、研究を行うとともに、あらゆる文学活動の拠点とすることを目的に建てられたそうです。


では、さっそく中に入っていきますと…

左手に図書館や情報ライブラリーのある南館があります。

この南館の中には司馬遼太郎記念室がありまして、実際の原稿や資料などが展示されていました!

残念ながら館内は写真撮影禁止の所が多く、写真が撮れずに申し訳ありません( ; ; )


そして、奥に進みますと

北館が見えてきます!

ここは展示会場になっています

現在はこのような特別展示がしてありました、興味のある方は是非行ってみて下さい!


そして北館のそばに、国登録有形文化財である望景亭という大正期の日本建築があります、こちら入場無料になってます!


ちなみに、この文学館からは姫路城が見えたりして距離的にも歩いていける程近いです!

姫路城観光の際にも是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


また、たくさんの駐車場や小さな子供向けのキッズルーム、カフェルームもあるので老若男女問わず楽しんで頂けると思います^_^


では、以上建築さんぽでした!




建築さんぽ#7

はじめまして!

今回の建築さんぽを担当する、武林です。


ついに、7月にはいり夏!を感じるこの頃です(^^;


さて、今回紹介するのは<慈照寺>…

そう銀閣寺です!


慈照寺は1482年に室町時代八代将軍足利義政公により建てられた臨済宗相国寺派に属する禅寺です。


では、さっそく!

まず、総門を入ると中門まで参道を通ると…

両脇に生き垣が。違う世界に来たよう。


通り抜けると…

ついに見えました、観音殿(銀閣)!


金閣と比べるとやっぱり、地味…?

いやいや、実物をみると、とても気品のある建物です!



…なんですが、実は今回のお目当ては観音殿ではなく、東求堂!!

特別に、中に入らせてもらいました!

(残念ながら写真撮影禁止( .. ))


その中の、現代の和室の元である同仁斎の書院造。

少し開いた障子の間から見える庭…こらが掛け軸となるようで。なんとも、その掛け軸がとても綺麗でした。季節によって変わる庭により、掛け軸も変化するので、他の季節も見てみたいなと思いました。


そして、中で私が1番感動したのは、「流水無限」という襖絵です。奥田元宋によって描かれた川の絵。耳を澄ますと庭から水のせせらぎが…目の前にその景色が広がるようでとても魅力的でした!



展望所からの景色もとてもきれいなので、訪れた際はぜひ、登って見てください。


以上、建築さんぽでしたー



建築さんぽ #6

今回の建築さんぽを担当する、久保です。

 

急に来た暑さに体調を崩されながらも…行ってきました二条城!!

 

有名なお城なので聞いたことある方も多いと思いますが、

二条城は京都市中京区にある江戸時代のお城です。

これが、めちゃめちゃかっこいいんです!!

 

まずは入口、東大手門から。

 

 

結構大きい。屋根は本瓦葺らしいです。

 

次に、二の丸御殿に続く、唐門。

 

 

ギラギラしてます。これをズームしてみると…

 

 

細かい装飾がたくさん!

きれいだなんですけど、派手すぎて、門をくぐるのに緊張してしまうような威圧感を感じます。

二条城は敵と戦うためにつくられたお城というよりは、

将軍が、城を訪れた大名に自分の権力を見せびらかすための建築であるので、このような工夫がされています。

 

 

そして、私が一番かっこいい!と思ったのはこちらの二の丸御殿!

 

江戸時代の武家風書院造の代表格で、

6つの棟が東南から北西にかけて雁行に続いていきます。
奥に行けば行くほど部屋の位が高くなっていき、それぞれの棟によって装飾も変わっていきます。

 

奥に行くほど位が上がっていくから、一番奥の部屋が一番ギラギラしてるのかな?

と思っていたのですが…

一番奥の部屋、将軍の寝室である白書院(しろしょいん)が一番落ち着いていました。

 

どんなに偉そうにしていても、将軍だって寝るときは落ち着きを求めるのだなぁ、と思うとちょっと将軍に親近感を覚えました(笑)

 

白書院の写真もできることなら載せたいのですが…

御殿内は撮影禁止のため、残念ながら写真はありません。

 

 

 

ぜひ、自分の目で見に行ってみてください!

 

 

 

 

 

建築さんぽ #5

第5回の建築さんぽを担当する池田です!

今年から広告班に入りました! かなみん、ハルカス、あざらし...etc あだ名が多いので自由に呼んでください^^/

 

さて、今回行ってきたのは DAIKO(大光電機株式会社)さんのショールームですわらう

 

DAIKOは企業向けに事業を行っている照明の会社です。

一般の方々には販売を行っていないのであまり知られていないのでは?

 

建築なのに照明?と、思ったのではないでしょうか。

No!No! 照明も建築の一つですよ!! 

照明は建築物の空間を作り出す要素の一つですプッ

どのような役目があるのかは追々説明するとして...

 

まずは場所からご案内します

場所は 大阪 淀屋橋駅 徒歩6分 駅近ですな〜

オフィス街の中にあるのでOL気分で歩いてました!

 

建物に入るとDAIKOのプロフェッショナルが!!!!

どのような方がいらっしゃるのか見てみてください、、もしかしたら好みの人が見つかるかも??

 

と、冗談はさておき

次は光を体験できるコーナーに行きました

 

 

 DAIKOのショールームには照明を分かりやすく体験するために写真のように部屋が設けられています

 

ここで体験するのは照明の役割についてです。

照明には シーリングライト、ダウンライト、吹き抜け灯など種類は豊富です!

種類ごとに明かりを点けたり消したりして照明ごとの明るさを体験できます。

色温度というのをご存知でしょうか?

色温度とは、光源が発する光の色を表す尺度のことです。飲食店で例を挙げて見ましょう。ファーストフードとカフェを比べてみてください。ファーストフードは、お客様の回転を早くするために照明を明るくしています。それに比べカフェは照明が暗めですよね、これは落ち着ける場として提供するからです。

このように光の色により空間を左右することができます!

 

次の部屋に行くと...

 庭園が見えてきました!

照明は部屋を明るくするだけでなく、庭のライトアップにも使えます

この写真のように、下から木の葉の裏に向かって光を照らすと庭にも雰囲気がでますね! 有能だね〜

 

この体験型コーナーが終わると...

 なんということでしょう〜〜

 

次は様々なデザインの照明が飾られています。とてもきれいです☆

光の明るさだけでなく、このように照明のデザインも空間作りの手助けになりますね!

 

ほかにも...

  球、円錐、円柱、様々な形をした照明

 

 和紙を使った照明

 

などなど 形や素材にこだわった個性的な照明がたくさんあります!! 

 

皆さんはどのような照明が欲しくなりましたか? 

ぜひDAIKOのショールームに行って、自分好みの照明を見つけてみてはいかがでしょうか!!

 

以上、みかん大好き池田からでした〜

 

 

 

 

建築さんぽ VR

はいどうも〜広報班に入って早3年、最近年齢を感じはじめている橋本で〜す。

ということで、いつものごとく建築さんぽを書いていきたいんですけど…大きな壁にぶち当たりました…

 

ネタがない…、そして時間がない…

とは言えさっさと書かないと、このままでは班長に怒られて…

 

ということで、時間をかけずに手っ取り早く建築をさんぽずる方法はないかということについて真剣に考えてみました…

そして思いついたのが…

 

ググる。

そりゃこれが一番手っ取り早いですよそりゃ… でもさすがに、その建築の雰囲気を感じることはむずかしいですし、さんぽしたことにはならないし、なにより記事として面白くない(笑)

 

途方に暮れていたそのとき、ア〇ゾンから救世主が届きました…

 

 

タラララッタッタ〜♪

VRヘッドセット〜

説明しよう

このスマホを中に入れるだけであら不思議、VRになります。

 

あ、VRってわかります?バーチャルリアリティー(仮想現実)の略です、要するにゴーグルとかいろんな機器を使って仮想空間に入ったような感覚が味わえます。最近ではVR蓮舫とかが話題になっていました。

 

例えばgoogle ストリートビュー

 

 

アプリを開いて上のカードボードマークを押すと…

 

 

二分割された画面になります。これをヘッドセットにぶち込むと…

 

 

うぉぉ、うぉぉぉぉ!!

 

 

思わず声が出ちゃいます、本当に梅田スカイビルに来てるのか??と言わんばかりの迫力です。

 

このすごさ、使ってみないとわからないです、だまされたと思ってVRヘッドセット買ってみてください。

マジですごいです!!

a〇azonで1000円も出せば変えます笑(べつにa〇azonの回しものじゃないですよww)

 

また、建築学生としておすすめの使い方があります。例えば僕はarchicadを使っているのですが、これをBIMXに出力することで、こんな感じでBIMXアプリで3Dデータを見ることができるのですが…(写真は恥ずかしながら私の課題ですww)

 

 

これの設定画面からカードボード表示に変更することで、自分の作った建築がVRになります。

 

 

なんかすごいの設計した気分になります(笑)

ほかのソフトでのやり方はぶっちゃけ知らないんですが、一回試してみるかいはあります。

 

で、何の話でしたっけ?そうそう建築さんぽ

早い話「建築 VR」とかでググってそれをあの秘密兵器で見れば、手っ取り早く建築さんぽができるわけですよ。

ここでとある壁にぶつかります…

 

全然出てこねぇ…

本当に全然ありません、これは困った…

 

ここで、とある思いつき…

 

「いま自分で作っちゃえばこの分野の第一人者じゃね??」

ってことで…

 

VR作成用のカメラを…

 

 

買っちゃいました!!

 

こいつはLG 360 cam (LGR105)といって二個の魚眼レンズの組み合わせで360度死角なしの写真、動画を撮影できます。それらをアプリでコントロールすることもできちゃいます。これで撮影した画像をVRゴーグルをつけてみるとVRになります。

LG360camの特徴はなんといってもその安さ

本格的なVRカメラはいくつものカメラを組み合わせているため、数十万〜数百万。

比較的安価なRicoh ThetaやGalaxy gear360などでも3〜4万ぐらいするのですが、

 

こいつはなんと1万6000円!!!

 

 

確かに画質は少し低い部分もありますが、貧乏学生にはこんなもんです(笑)

 

ということでこいつを持って建築さんぽしてきました(結局行くんかい!!)

 

 

はい、まず正面間違えました(笑)

 

頑張って後ろ側にしてください(笑)

 

あとは少し画質があらいのとブレが気になりますね

ここでちょっと思ったのが…

 

「これじゃあストリートビューと変わんねぇ!」

 

撮影技術がまだまだですね、もう少し修行を重ねて本当に建築×VRの第一人者になれるように頑張ります(笑)

 

ということで、以上建築新人戦VR班の橋本がお送りしました〜

 

神戸大学100年記念館

狩野忠正

平成12年12月7日竣工

神戸市灘区六甲台1神戸大学六甲台第2キャンパス内

建築さんぽ2017

こんにちは!

ちょっと暑くなってはきましたが、

雨も降らずお出かけしやすい日が続いていていいですね。

 

ということで、

建築さんぽの今回の担当は、広報班の松下です。

 

こないだのGWに

兵庫県立大学 西はりま天文台』

に行ってきました

 

 

快晴で天気良好。

綺麗な夜空が期待できそう!

 

ここの目玉は、『なゆた望遠鏡』

口径2mの巨大望遠鏡!!

とりあえず、でかい。

なんたって、直接宇宙を見ることが出来る天体望遠鏡では、現在世界最大。

上の写真でいう円柱部分に望遠鏡が入っているわけです。

 

 

 

日が暮れるまでは、

まだまだ時間があるので中を見学したり、

外をくるくる歩いてみたりしてたのですが

本当に周囲は山だらけ。

当然ですが、天体観測は周りが明るいとできませんもんね。

 

 

どこだ、これ?みたいな写真ですが望遠鏡の下にあるピロティです。

風が抜けて気持ちいいね!くらいの感想の場所でしたが

よく見ると、柱に何か張ってあります。

ででん。拡大!

 

 

とりあえず、熱が望遠鏡の付近にあると、空が綺麗に見えないのでそれを防ぐために設けられたものらしいです。

まさに望遠鏡のために建てられた建物ですね!へえー

 

 

この後に望遠鏡は無事覗けたんですが、

まさかまさかいきなり曇ってきて月しか見れなかった。。。

リベンジしたいですが、ちょっと行くのは大変なので機会があれば(OAO;)

 

以上、報告終わり!

 

 

松下