<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
建築さんぽin淡路島

皆さん台風大丈夫でしたか?

私の地域でも物凄い風邪が吹き、トタン屋根が飛んでいくなどの被害がありました。

 

さてさて黒川が担当させて頂きます!

今回は広報班で日帰りさんぽということで淡路島に行ってきました!

バスで明石海峡大橋を渡ります(^-^)

 

さてさて着きました!

私達の目的地は「淡路島夢舞台」です!

淡路島夢舞台は安藤忠雄さんによってグランドデザインされた公園、リゾート施設です。

 

まずは施設を散策ということでホテル周りへ。

 

 

この日はほんとにお天気がよく、とても景色が綺麗だったのですがみんな暑さにやられてバテ気味で歩いてます(笑)

コンクリート、水、緑が調和していて綺麗ですよね。

 

どんどん歩いていくと

 

 

 

「百段苑」にたどり着きました!段々になった花壇は圧巻です。ただ階段だらけでなかなかの辛さでした(笑)

 

 

帰りはエレベーターで一気に降りました(笑)

さて気を取り直して次に訪れたのは、「奇跡の星の植物館」です。

 

 

 

 

そして淡路島夢舞台で最後に訪れたのは、ウェステインのホテル内にある「海の教会」です。

 

 

 

光の教会とはまた違う光の入り方が素敵でした。

 

 

そして最後に訪れたのは「本福寺・水御堂」です。こちらも安藤忠雄さんが設計されています。

 

 

 

 

 

 

蓮池の下に本堂があり、中心の階段から下に降ります。中は赤を基調とされており格子からの光はとても素敵でした。

 

 

炎天下の中歩き続けるというなかなかハードな1日でしたがお腹いっぱい見ることが出来たので良い建築さんぽでした(^-^)

 

(黒川)

建築さんぽ#14

こんにちは!

まだまだ暑い夏が続いていますね(-_-;)

第14回を担当する黒川です!

 

今回紹介するのは、滋賀県にある「GLANP ELEMENT」です!

今流行りのおしゃれなキャンプ出来るグランピング施設です。

 

 

こんな風に人工池の周りに常設の様々なテントが建てられています。

 

 

 

私が泊まったのはホワイトドームというテントです!ドームの形をしていて、天井には天窓もついているんです。空調もしっかり効いていて、さらにプライベートも守れるように周りからは見えにくい工夫がされていました。普段の生活とはかけ離れていてとてもワクワクしました(^-^)

 

 

また専用のBARがあったりと1日居ても飽きさせない工夫が沢山ありました。

元ゴルフ場だったとのことなので元々の土地を生かした施設に生まれ変わり沢山の人が訪れるようになったのは素晴らしいなと思いました!

 

(黒川)

 

GLANP ELEMENT

〒521-0221 滋賀県米原市池下60番地1

建築さんぽ

 

こんにちは!

 

100選は、本日21:00〜ホームページにて発表いたします!

 

さて、今回の建築さんぽは、大阪府立近つ飛鳥博物館です!

皆さんご存知の通り、設計は安藤忠雄さんです。

 

 

大阪南部には、日本でも有数の古墳群が存在しています。この建物は、周りにある古墳を見せるために設計されたらしいです!

HPには、「平成の古墳」とも書かれています!

 

大阪に住む者としては、古墳はとても身近なものですが、

古墳を望むための建築はあまりないのでとても新鮮です!

 

博物館としても、興味深いものばかりですが、平成の古墳としての一面もとても興味深かったです!

 

古墳に興味がある方、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか?

 

(元田)

 

建築さんぽ#12

こんにちは!

暑い日が続いておりますね。

水分補給が大事だとしみじみ感じております。

みなさん熱中症に気をつけてくださいね!

 

今日紹介するのは、

「大阪木材仲買会館」です。

昭和32年に建てられた旧会館が老朽化したため、建て替えることになり、その際に木材業界のランドマーク的な建物として建てられました。

そのこともあって、外観にはふんだんに木材が使われています。

 

 

壁や床、天井はもちろん、建具や仕上げ材にも木材が使われており、とても温もりが感じられます。

会館の前には桜の木があり、入学式にはたくさんの親子が写真を取りに来るそうです。

今回、行った時期は桜が終わった頃だったので、また咲いた時期に見てみたいなと思います。

 

以上、武林でした。

 

※見学可(要電話予約)
大阪木材仲買会館
大阪市西区南堀江4-18-10
TEL:06-6538-2351 

 

【建築新人戦2018応募登録のお知らせ】

建築新人戦2018の応募登録締切が迫っています!!

応募登録期間は、83日までです。ぜひご応募ください!

 

建築さんぽ#11

こんにちは。今回が初の建築さんぽの沼田です。

猛暑が続いているので熱中症には気を付けましょう。

 

さて、今回紹介するのは大阪にある「なんばパークス」です。

(夜に行ったので暗くて見えにくいかもしれません。ごめんなさい...)

 

ここの特徴は、左右の壁によってまるで渓谷のような景色を作り出していることです。

またその壁は緩やかにくねくね曲がっているので、奥へ奥へと誘いこまれます。

さらに、あちこちに植物もあり、自然との共存を実現しています。個人的には好きな場所です。

南海のなんば駅からすぐのところにあり、お店もたくさんあるので、ここで渓谷を歩きながらショッピングしてみてはいかがでしょうか。

以上沼田でした。

 

なんばパークス

大阪府大阪市浪速区難波中二丁目10-70

営業時間:11時〜21時 (レストランは23時まで)

 

<お知らせ>

応募登録が始まっています!応募登録期間は8月3日までです。たくさんの応募おまちしています!

 

 

建築さんぽ#10

こんにちは!

10回担当の黒川です。

梅雨も明け、外に出るのが嫌になる夏がやって来ましたね!

毎年家に引きこもりがちになってしまう私ですが、今年は色々なところに行けたらなと思います(^-^)

 

さて今回紹介させていただくのは、「東京スカイツリー」です!

前回に引き続き黒川は塔を紹介させて頂きます。

 

 

 

東京スカイツリーは、ギネスワールドレコーズ社より認定された高さ634mの世界一高いタワーだそうです!

 

 

 

 

下から見上げると圧巻ですね!

「トラス構造」の骨組みがよく見えます。

タワー足元の鋼管は、直径2.3m、厚さ10cmという巨大なものだそうです。

また写真を見ていただくと分かる通り、各部材同士は直接接合されていますよね!

これは「分岐継手」と呼ばれる、鋼管同士を、プレートなどを介することなく直接、溶接接合する方法だそうです。

余計なものがなくシンプルですね(^-^)

 

 

地上350mの天望デッキからの眺めです!

この日はとにかく天気が良く、富士山が綺麗に見えました!

朝早くに訪れたので早起きしてよかったーとほんとに思える景色でした。


これは展望デッキにある透明ガラスです。

こんな高さから下をみることなんてないのでなかなかの衝撃でした。

私は思ったよりも高いところが大丈夫なようでなんの抵抗もなくすんなりガラス部分へ進みましたが、怖い方は近づくのも無理みたいでした(-_-;)

 

 

ぜひ皆さんも1度は訪れてこの圧巻の高さを体験してみてください!!

 

東京スカイツリー

131-0045 東京都墨田区押上1丁目1

 

東武スカイツリーライン 

とうきょうスカイツリー駅 正面口よりすぐ

東武スカイツリーライン・半蔵門線・京成線・都営浅草線

押上駅 地下3F B3出口・A2出口より すぐ

 

(黒川)

 

 

最後にお知らせです。

 

【建築新人戦2018応募登録のお知らせ】

建築新人戦2018の応募登録が始まっています!

応募登録期間は、83日までです。ぜひご応募ください!

詳しくはHPをご覧ください。

 http://kenchikushinjinsen.com/

 

建築さんぽ#9

3回生の池田です!風邪が流行っているみたいですね、、気を付けないと!!!

 

今回紹介する建築物は「マリンワールド海の中道」です。

実に見た目にインパクトのある建物です!しかも、見た目だけでなく中も面白い空間になっています★

このように柔らかい光が入ってくるのは膜張り構造ならではですね!

 

ここ、実は水族館なんです!

まるで海の中にいるような錯覚が起きる水槽があります〜自分の上を魚が泳いでいるような感覚になるのでとても面白いですよ

この建物の隣には海もあって磯の香りが心地よくなりますね〜

 

デートスポットにもおススメですよ☆

 

場所:福岡県福岡市東区 西戸崎18−28

営業時間:月〜日 9時30分〜17時30分

 

以上、池田でした!

 

*応募登録が始まっています!

 応募登録期間は、2018年6月1日(金)〜8月3日(金)です。

 たくさんのご応募お待ちしております!

建築さんぽ#8

 

こんにちは!

夏に近づいてきて、暑くなってきましたね!

 

 

さて、今回ご紹介するのは、「桂離宮」です。

 

桂離宮には様々な仕掛けがありました。

それぞれの説明をしてくださるので、理解しながら体感できました!

 

入ってすぐに美しい庭を見せずに、ちらっとだけ見えるようにして、

楽しみが増えるようにしていたり。

 

話には聞いていたのですが実際に体感すると、とても感動しました!!

 

 

さらに進むと、松琴亭があります。

 

↑(端にうつっているのが、白い石の橋です。)

 

白い石の橋を渡っていきます。この白い石で、この池の反対側は極楽浄土であることを意味しているのですね。

何も文字が書かれていないのにわかるサインに感動です!

 

 

私がとても良いと思った空間です!

 

こんな空間が自宅にもあったらなぁ、と贅沢なことを思ってしまいます。

松琴亭の中間領域の部分はとても気持ちのいい場所でした。

 

 

桂離宮のほんの一部の紹介でしたが、門から入ってすべてのところに様々な仕掛けがあり感動しっぱなしでした!

京都へ行く際は、ぜひ桂離宮をルートに入れてみてはいかがですか?

 

桂離宮

阪急京都線 桂駅から 徒歩20分

市バス 桂離宮前から 徒歩8分

参観の所要時間は約1時間

 

(元田)

 

 

最後にお知らせです。

 

【建築新人戦2018応募登録のお知らせ】

建築新人戦2018の応募登録が始まっています!

応募登録期間は、8月3日までです。ぜひご応募ください!

詳しくはHPをご覧ください。

→ http://kenchikushinjinsen.com/

 

 

 

 

 

建築さんぽ2018#7

 

こんにちは!

最近は雨が続きじめじめとした梅雨の季節になりましたね!

第7回目を担当の黒川です!

 

今回紹介させていただくのは大阪の吹田市にある「太陽の塔」です。

 

太陽の塔は、1970年に行われた日本万博博覧会(大阪万博)において「人類の進歩と調和」を表現するパビリオンとして、芸術家の岡本太郎さんが作られました。

今まで塔の内部は万博終了から約半世紀みることは出来ませんでしたが、2018年3月より改修工事を経て常設の展示空間となっています。

ただ見学には事前予約が必要なので気を付けましょう!

 

 

さて大阪モノレール「万博公園駅」から徒歩15分。

万博公園の入り口を抜けると目の前に太陽の塔が現れます。

 

 

生で見るととても大きくて迫力があります!

この日は雨で空が暗いのが少し残念です(>_<)

 

 

 

裏にまわると正面とは違う顔が現れます。

太陽の塔には3つの顔が存在していて、正面中央が「現在」、正面頂部が「未来」、背面が「過去」を表しています。

さらに塔の地下空間に「地底の太陽」という巨大な仮面があり、行方不明になっていましたが今回の展示のため復元されています。

 

 

 

では中へと入っていきましょう!!

 

 

 

 

 

と言いたいところなのですが。。。

なんと館内撮影は禁止となっており内部をお見せすることができません!!

塔の内部は、生命の樹と呼ばれる生命進化のプロセスが表現された高さ41メートルにもなる樹が伸びています。

 

 

 

これは、万博公園内にある記念館(撮影可)に展示されていた当時塔内に展示されていたものの一部です。

このように様々な生き物が1本の木の周りに張り付いています!

階段で少しずつ登っていき、最上階にたどり着いたときの圧巻さは素晴らしいです!!

 

 

 

またこれは塔の背後にある鉄骨は、万博当時太陽の塔の周りに大きくかかっていた屋根の一部です。

 

 

この屋根、実は設計者は丹下健三さんです。この万博には日本を代表する方々がたくさん関わっているんです。

屋根内部にも展示空間が設けられ、人々は塔内部を上がり、塔の手の部分にあったエスカレーターから屋根の展示空間に進んだそうですよ。手の内部は、鉄骨の渦のようで少し酔いそうでした(−_−;)

 

 

残念ながら内部はお見せできませんでしたが、生で見る内部は本当に素晴らしいです!!

気になる方はぜひ訪れて見てくださいね(^_^)

 

以上、黒川でした。

 

 

『太陽の塔 見学』

住所 大阪府吹田市千里万博公園1−1

入館料(大人) 万博記念公園自然文化園 250円

        太陽の塔 700円(要予約)

        ↑4ヶ月先まで予約できますが、すぐに埋まってしまうのでお早めに。

 

建築さんぽ#6

 

こんにちは!関西ではもう夏のように暑くなってきました!

 

さて、今回はMOA美術館を紹介したいと思います!

 

熱海駅からバスに揺られて約7分。

到着です!とても高いところまできました!

 

 

すぐに展示スペースではなく、それまでに長いアプローチがあるところがわくわくします!

 

 

とても長いエスカレーターです!

 

このエスカレーターがいくつか続きます。

 

照明の色が変化したり、不思議な空間へ行くみたいです(°_°)

途中に、円形ホールがありました。天井に万華鏡の模様が映し出されていてとても美しいです。

 

 

エスカレーターを登ってきたので、とても高いです!

 

アプローチの所々に作品があり、立ち止まって鑑賞したりと、

前菜だけでお腹いっぱいの気分です(^^)

 

 

さらに高いところまで来たので、熱海の街が一望できます!

 

 

館内からも、とても景色がよかったです!広がりがあり、心地のいい空間でした。

 

この先に展示スペースや、ショップがありました。

今回はアプローチの紹介でした!とても長いのに、飽きないアプローチに驚きました!

 

 

 

【MOA美術館】

所在地:静岡県熱海市桃山町26-2

 

-アクセス-

JR熱海駅より

バスターミナル8番乗り場よりMOA美術館行き 約7分 終点「MOA美術館」下車すぐ

 

-開館時間・休館日-

開館時間9:30-16:30(最終入館は16:00まで)

休館日

木曜日(祝休日の場合は開館)

展示替え日

 

(元田)